西原歯科医院

神戸市 の 歯科 西原歯科医院

お問い合わせはこちら 078-360-0648
兵庫県神戸市中央区東川崎町1-3-6
ハーバーランドLS神戸3F

※一般の携帯からは携帯サイトが、スマートフォンからは、スマートフォンサイトが閲覧可能です。

咬み合わせ

はぎしり・くいしばり

最近パソコン、携帯メール、ゲームなど画面を見ながらの動作が多くなっていますが、これがきっかけになり、はぎしり、くいしばりをする人が増加しています。食事中以外に歯や舌を使うことをブラキシズムと呼び、歯はもちろんのこと全身に悪影響を与えます。

  •  家の人に睡眠中、はぎしりをしていると言われた
  •  ひどい肩こりがある
  •  冷たい水などがしみる
  •  朝起きた時に首のまわりが痛い、重い感じがする
  •  神経を集中している時に常に上下の歯をくっつけている
  •  歯がすり減って短くなっている
  •  頭痛、偏頭痛がよくおきる
  •  入れ歯が割れたり、詰め物がよくはずれる
  •  歯が浮いた感じで、硬いものが咬みにくい
  •  ゴルフ、野球、テニスなどのスポーツをよくする

代表的なことを10項目挙げましたがあてはまることがありましたか?

 

ブラキシズムの問題点

ブラキシズムでも特にくいしばりの場合は音がしませんので、気づきにくいことが多いです。日本人で1日に歯を使う時間は20~30分といわれていますので、ブラキシズムのある人はその何倍も歯を酷使していることになります。歯科で問題となるのは歯がしみる(知覚過敏)、歯が異常にすり減る(摩耗)、歯が折れる(破折)、入れ歯が割れる、かぶせや詰め物がよくはずれる、歯周病が悪化する、などです。また、全身症状として、慢性的な肩こり、頭痛、などがよくおこり、ひどい場合には体調をくずすこともあります。

 

ブラキシズムの改善方法

ブラキシズムのメカニズムはまだ詳しく解明されていないことが多く、最近ではストレスを発散するためにある程度は必要とされていますが、軽減させる方法もありますので、下記のことをすこし考えてみてください。

  1. 1.上下の歯はくっつけない
  2. 2.硬いものを長時間咬まない
  3. 3.頬杖やひじをつくことをやめる
  4. 4.高い枕(ボリュームのある)は使用しない
  5. 5.睡眠時に常に同じ方向で眠らない
  6. 6.片側だけで物を咬まない

自分自身で実行できることは上記のようなことですが、それでも改善されない場合はマウスピースを作ることもあります。マウスピースを作った患者様の感想として、よく眠れるようになった、肩こりがよくなった、首周りの重い感じがなくなった、知覚過敏が消えた、など体が楽になったと言われる方が多いです。何かあてはまることや、症状、気になることがあれば一度歯医者に相談してみてはどうでしょうか。